会社概要

社名   株式会社 吉川農園
     (農業生産法人)

本社
 〒899-8311
   鹿児島県曽於市大隅町荒谷998-1
   TEL 099-482-4858
   FAX 099-482-4785

代表者  代表取締役社長 吉川和敏

設立   平成28年4月1日

資本金  100万円

事業内容  農産物販売
      加工品販売(ネットショップ)

農園主よりごあいさつ



はじめまして!わたしは(株)吉川農園の農園主、吉川和敏(よしかわ かずとし)と申します。
このたびは(株)吉川農園のウェブサイトにお越しくださりありがとうございます。
1994年にサラリーマンを辞め、鹿児島県曽於市にてさつまいもを中心に農業を始めてから、
年々規模拡大を図るとともに新しい作物も増えてきました。
また平成28(2016)年4月に従業員の福利厚生の充実のために農業生産法人 株式会社吉川農園として再スタートすることとなりました。
本年度の生産品目はさつまいも9ha、白菜3ha、サラダごぼう5ha、人参4ha、キャベツ3ha、延べ24haで生産をおこなっています。

中でも鹿児島県の特産物であるさつまいもについては、糖度が高く甘みの強い新品種「べにはるか」を用いたオリジナルの冷凍やきいも「わたしのお芋さまを、当農園の目玉商品として開発し、2011年度から本格的に売り出しました。
試食された方からは「何これ!おいしい!!」「こんなに甘いやきいも、今まで食べたことない!」といったご感想を次々にいただいております。

また、話題の新品種「シルクスイート」も生産しております。 当サイトでは「わたしのお芋さま」や作物のご紹介・ネット通販やお客様とのコミュニュケーションをはじめ、作付けや収穫のご報告、日々ぐんぐん成長する作物のようすなど、農家から生の声を全国に向け発信していきたいと考えています。

やきいもが大好きな方、日本の「いま」の農業にご興味のある方、安全で健康的な食べ物をお求めの方などなど……
老若男女問わず愛される農園づくりをめざして努力を続けていきます。
旬のお野菜についての情報は、吉川農園ネットショップにて随時お知らせし、ツイッターブログでもリアルタイムに発信していきますから、みなさまにはぜひフォローやブックマークの上、チェックしていただければ幸いです。

それでは、どうぞごゆっくりとご覧ください。

農園主 吉川和敏

「おいしいお野菜、お届けします!」
(サツマイモ収穫中)


吉川農園Webサイト 二本の柱

私たち(株)吉川農園では、当サイトを通じて二つのことを、熱意と誠意をもってみなさまにお伝えしていきます。

自然と共存しながら農産物を作っていく。そこで生まれた、おいしいものをPRしていきたい。
太陽のさんさんと降り注ぐ鹿児島の大自然の中から、安全・安心な食べ物を全国に届けたい。


吉川農園スタッフ

スタッフ一同、心を一つにおいしい野菜をつくります。

理念

(株)吉川農園の農園主およびスタッフ一同は、理念として次の二点を掲げ、実践することをここにお約束いたします。

一、嘘をつかない農業。農作物を正直に作って正直に提供いたします。一。安全・安心を第一に考え、つねに安定して食料を供給いたします。

沿革

(株)吉川農園の20年以上にわたるあゆみをご紹介します。


 ■1994年
 農園主・吉川和敏、農機具メーカーを退職、故郷の鹿児島県曽於市(当時は合併前、曽於郡大隅町)に帰り、農園を開業。
 ツルハシ一本で自宅近くの山に穴を掘り続け、2年がかりで「貯蔵庫」を完成させる。

 ■1997年
 このころより白菜の作付面積を増やす。また、「消費者のニーズを知りたい」という目的意識から、
 地元の物産館に出品するようになる (現在も継続・拡大中)。
 白菜・甘藷(さつまいも)・すいかを三本柱に据え作付面積を拡大していく。

 ■2009年
 それまでの白菜・甘藷・すいかの三品目に加えて、キャベツ・大根・さといも・しょうがなど、
 多角化・多品目化を進めていくことに。

 ■2010年
 従来のさつまいもに比べて糖度の高い新品種「べにはるか」を用いた冷凍やきいも(プライベートブランド)
 「わたしのお芋さま」の製品化に着手、完成。

 ■2011年
  当「吉川農園ウェブサイト」(www.yosikawa-farm.jp)を開設。
  農園からのいろいろな情報発信と主力商品「わたしのお芋さま」、根菜等野菜の販売促進をめざす。
 「わたしのお芋さま」が曽於市地域認定ブランド16品目のうちの2番目として認定される。
 
 2012年
 「わたしのお芋さま」が商標登録として正式に受理される(商願5472360号)。
  かごしまの農林水産物認証制度(K-GAP)による認証取得(さつまいも/べにはるか 番号:131178)。
  大根、サトイモ、しょうがの生産中止、同時に白菜、キャベツ、さつまいもの作付け面積の拡大。

 2014年
  スイカの生産中止、市場の要望によりサラダごぼうの生産開始。

 2015年
  人参の生産開始。

 2016年
  〈株式会社 吉川農園〉となり、農業生産法人として新たなスタートを切る。

農作物の紹介

(株)吉川農園では、2016年現在6品目の野菜を生産・出荷しており、契約先に納入したり市場などで販売しています。
また、ネットショップでも随時、野菜直販のご案内をいたします。(準備中)

1.さつまいも
平成28年度の作付面積は加工用、焼酎用原料、青果用合計9ヘクタールです。
加工用の品種は「紅さつま」「鳴門金時」3ha
原料用(焼酎、かりんとう等)として「黄金千貫」2ha
青果用として「紅ハルカ」「シルクスイート」「紅はやと」4ha
合計で9haになります。
青果用の「紅ハルカ」は当社の冷凍焼き芋『わたしのお芋さま』の原料となり、全国の焼き芋屋さんにも出荷しております。
また新品種「シルクスイート」は昨年から生産しておりますが、
糖度もかなり高く、喉越しが良く、今後人気が出てくると思われます。

2.白菜
白菜は浅漬けやキムチの原料として作付を増やしてきましたが、近年温暖化の影響や、
桜島の噴火による降灰の影響が大きく、作付面積は年々減少傾向にあります。
平成26年度は9ha、27年度は5haの実績、28年度は約3haを予定しています。

3.ごぼう
ごぼうはスイカ、白菜の代替作物として近年作付面積を拡大しています。
当社で生産しているごぼうの種類は短ごぼうで、鹿児島県ではサラダごぼうとして需要が高まっています。
 6月~8月収穫の【夏サラダごぼう】
 11月~12月収穫の【秋サラダごぼう】
 1月~2月収穫の【新サラダごぼう】で年間を通して栽培しています。
灰汁が少なくサラダ感覚で食することができるのが大きな特徴です。
平成27年度は【夏サラダごぼう】50a
【秋、新サラダごぼう】が2haで今後面積も拡大予定です。

4.人参(にんじん)
人参も平成27年度より生産を開始いたしました。
青果用として現在関西を主に出荷しています。
平成27年度栽培実績2haで今後さらに拡大を予定しています。
28年度計画は4haを予定しています。

5.春キャベツ
平成28年度栽培実績は2ha、ほとんどがきざみキャベツとして加工されます。
今後も安定した作物として生産を計画しています。

6.ピーマン
平成28年度より新しい取り組みとして栽培を開始いたします。
栽培面積は10aを予定、害虫類の天敵を利用し減農薬に努める【IPM農法】を実践いたします。
IPM農法の解説はこちらをご参照ください


吉川農園の一年

(株)吉川農園では年間を通してさまざまな野菜を作っています。
 どのようなサイクルで植え付け・収穫をしているのか、下の図をご覧ください。
 (※なお、気候・作付状況などにより、実際の時期は前後する場合もあります。)



みなさまからのご質問・ご要望・ご感想など、メールにて随時募集しております。

ページの先頭へもどる トップページへもどる

読み込み中...

トップページ 農園情報 「わたしのお芋さま」  ネットショップ アクセス

アーカイブ 【あま~い冷凍焼き芋「わたしのお芋さま」販売中!】 吉川農園  皆さまのご意見・ご感想・ご質問等をお待ちしています。 e-mail: info@yosikawa-farm.jp